Q&A

フリーランスの美容師に関する「Q&A」

フリーランス美容師って、どんな美容師?

一般的な美容師の働き方としては、美容室に雇用されて働く「従業員」といった形態がほとんどです。給料は日給月給制、それに売上からの歩合を加えた給与形態が多いです。

売上がなくても最低限の保証があり、給料をいただけますが、売上を多く稼いだ場合でも、保証していただいている分、見返りは少ない傾向にあります。

休みや勤務時間なども自分で自由に決めることはできません。

 

フリーランスの美容師とは、「美容室のカットスペースをレンタルして、個人事業主として働く」ということです。

収入は完全歩合制なので月の報酬額は、その月の売上次第です。たくさんの売上がある人はいっぱい稼げ、あまり売上のない人は報酬額も少なくなります。

フリーランスとして活動することは、「自分のことは自分で責任を持つ」ということなので、お店に依存する部分が少なく、「勤務時間」や「休み」などを自分で決められます。

長期休暇も自分で好きに決められます。

一般的な美容師は「会社員的な働き方」で、フリーランスは「自営業的な働き方」といえます。

⇒ 「フリーランス美容師とは?」の記事もご参考ください。

 

どんな人がフリーランスに向いているの?

自分のことは自分で責任が取れる人。

フリーランスは「個人事業主」「自営業」になるということです。

自営業と同じで頑張ったら頑張った分だけ、結果を得られます。どんどん新しいことにチャレンジしていきたい人が向いています。

結果を残しやすいのは行動派なタイプですが、わりとマイペースにコツコツ頑張る人も自分にあった働き方ができるので、フリーランスに向いているといえます。

 

どんな人はフリーランスに向いていない?

従来の美容室の働き方の方が安心でき「サラリーマン」志向的なタイプ。

 

フリーランスとしてスタートしやすい人は?

現在美容室に勤めていて、ある程度の売上があるスタイリスト。

指名ゼロの状態からでは月の稼ぎを安定させるまでに、少し時間がかかります。現在担当しているお客様に、移転先にもご来店いただける方が売上は安定します。

 

フリーランスとしてスタートしにくい人は?

  • 現在美容室に勤めていない人
  • 美容師をやめてブランクがある人
  • 指名がなく、フリーのお客様に入客してる環境の人
  • 移店時にDMなどのお知らせを送れない人

 

お客様ゼロの状態からでもスタートできるの?

フリーランスを始めたいけど、

  • 現在の美容室からお客様のリストがもらえない場合
  • 当店の場所と離れていて、今のお客様が当店に来店しにくい場合
  • ブランクがあって、かつてのお客様がいない場合
  • 妊娠や育児中などで休暇中の場合

こういった場合は、最初はフリーのお客様を担当しつつ、少しずつ自分の顧客を増やしていく必要があります。

スタートからたくさんの売上を上げることは難しいですが、コツコツ努力できる人なら大丈夫です。

 

子育ての最中です。育児に合わせて働けますか?

もちろんです。

  • 子供さんの送迎に合わせて働くことができます。
  • お昼過ぎに仕事を終わることもできます。
  • 学校行事に合わせて休みを取ることも大丈夫です。
  • 夏休みに長期休暇をとることもできます。

 

フリーランス美容師それぞれの施術料金設定はどうなりますか?

当店の施術料金と同じになります。

⇒ 詳しくは、スタジオ・ココの「メニュー・料金案内ページ」をご覧ください。

もし、当店のメニュー表に載っていないサービスを自分の新しいメニューとして施術したい場合は、話し合って決めることもできます。

 

フリーランスを始めるにあたって必要な資金は?

特に必要ありません。

しいて言うなら、顧客に移転のお知らせをご案内するハガキ代ぐらいでしょう。

保証金みたいなものもありません。

 

現在アシスタントをしていますが、フリーランスとして働けますか?

申し訳ありません。当店が募集している美容師は、スタイリストになります。

すべての技術を習得して、実務経験をある程度の積んでから、フリーランスになることをおすすめします。

 

試用期間などはありますか? その時の条件は?

3ヶ月間の使用期間があります。条件は本契約時と同じです。

 

「夏休み」や「冬休み」などの休暇を取っても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

スタジオ・ココでは、スタッフ一人一人がしっかり人生を楽しむことが大切と考えています。なので、こういった休暇をとることは、大いに賛成です。