フリーランス(フリーランサー)とは会社組織に所属しないで、自分の才能や能力をいかして仕事を請け負ったり業務委託されて働くスタイルです。

分かりやすい例では、フリーのアナウンサーやフリーのカメラマンなどがこれにあたります。

一人前としての実力がつくまではコツコツと下積みを重ね、実力がついて一人でも稼げるようになった時に独立し、個人事業者として働くようになります。

 

この働き方を美容師に当てはめると、、、

フリーランスで働く美容師とは、お店の従業員として雇用されて働くのではなく、個人が一事業者として美容室と業務委託契約を締結して、お店のカットスペースなどを利用して働くワークスタイルです。

フリーランス美容師として働く場合のメリットは、報酬制度が明確に設定されているので、働いた分はそのまま自分の収入となって返ってくることです。能力の高い人ほどその見返りは大きいといえます。また働く日や時間などは自分で決めることができるので、ライフスタイルに合わせて働くことができます。

フリーランス美容師として働く場合のデメリットは、美容室に雇用されて働く従業員と違い収入が保証されていないところです。従業員として働く限りは売上があってもなくても労働時間がある限りは、国が最低限保証している賃金はもらえます。

フリーランサーになることは個人事業者になるということです。従業員として働いていた頃にはあまり気にする必要がなかった、営業の戦略を考えたり、確定申告や経理などの手続きを自分で行う必要があります。

 

フリーランス美容師の長所

  • 報酬制度が明確で、働いた分はきっちり自分の収入に反映される。
  • 働く日や時間は自分で決められるので、ライフスタイルにあった働き方ができる。
  • やりがいがあり、モチベーションも高い。

 

フリーランス美容師の短所

  • 従業員として働いている時と違い給料の保証がない。
  • ある程度の能力や実力が必要になる。
  • 個人事業者になるので確定申告や経理などを自分で行う必要があります。

 

従業員とフリーランスの比較

《従業員として働く場合》 給料は最低限保証されているが、休みや働く時間などは自分で決めることができない。また給料も少ない傾向にある。働く際の自由度は少なく、その美容室の方針にしたがって働くことになる。

《フリーランス美容師として働く場合》 休みや働く時間を自分で決めることができ、個人のライフスタイルに合わせて働ける。報酬制度も明確で、働いたはそのまま自分の収益につながる。

Studio CoCo

~ 髪と体と心に優しい姫路市の美容院 ~

求人情報 お問い合わせ
スタッフの声 Q & A

この記事を読んだ人は、次の記事も一緒に読んでいます: